WordPress

mixhostのWordPressインストール方法を一から解説!

ここでは、mixhostWordPressインストールする方法について解説してきます。

この手順通りに行えば簡単にできます。

10分くらいで済むので、サクッとやっちゃいましょう!

なお、ドメイン取得がまだの方は↓の記事で取得方法を解説しているので、よろしければご覧ください。

インストールを行う手順はこの2つだけ!

  1. WordPressインストール前にドメインの設定を行う
  2. WordPressインストールの設定と実行を行う

インストールを行う手順はこの2つです。

それでは、順番に見ていきましょう。

ドメインの設定

mixhostサーバーでサイトを運営するのにあたって、まず取得したドメインをmixhostサーバーで使えるように設定をする必要があります。

初心者の方には難しいと感じるかもしれませんが、手順通りやれば簡単できます。

ここでは、

  • ネームサーバーの設定方法
  • mixhostサーバーのドメインの設定方法

について解説していきます。

ネームサーバーの設定方法

まず、バリュードメインのログインして管理画面を表示しましょう。

①ドメイン→ドメインの設定操作をクリック

 

②取得したドメインが表示されるので、「ネームサーバー」をクリック

 

③ネームサーバーの変更を行う

 

mixhostサーバーでドメインを使用するためにネームサーバーを変更します。

ネームサーバー1とネームサーバー2に以下の記載を入力し、ネームサーバー3以降は空欄にしましょう。

  • ネームサーバー1:ns1.mixhost.jp
  • ネームサーバー2:ns2.mixhost.jp

入力したら保存しましょう。

これで、ネームサーバーの設定方法は完了です。

mixhostサーバーのドメインの設定方法

mixhostの「cPanel」にログインしましょう。

cPanelへのログインに必要な情報は、mixhostを契約した時に受け取ったメールに記載されています。

メールのログイン情報のところに記載されている「コントロールパネル」のURLへリンクしましょう。

 

すると、cPanelへログインできるページが出るので、そこにユーザ名とパスワードを入力します。

 

これで、mixhostのコントロールパネルへのログインが完了です。

 

①下の方にスクロールしていくと「ドメイン」という項目があるので、「アドオンドメイン」をクリック

 

②アドオンドメインの作成を行う

 

ここでは、新しいドメイン名、サブドメイン、ドキュメントルートへの記入が必要です。

ただし、自分で入力が必要な項目は「新しいドメイン名」だけです。

新しいドメイン名を入力すると、サブドメイン、ドキュメントルートには自動的に入力されます。

入力が完了したらドメインの追加を行いましょう。

「このアドオンドメインに関連付けるFTPアカウントを作成します」の欄はチェックしなくてOKです。

 

この画面が表示されたら、ドメインをmixhostサーバーで使うための設定は完了です。

次は、Wordpressのインストールです。

WordPressインストールの設定と実行

まず、ドメインの設定と同じように、mixhostの「cPanel」にログインしましょう。

WordPressインストール画面を表示する

ログインが完了したら、画面の一番下にある「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」にある「WordPress」を選択して、クリックします。

次に、インストール画面が出ますので、ここで「install now」をクリックします。

 

ここからは、WordPressインストール設定になります。

実際にこのサイトを設定した時の画面を表示しておりますので、参考に入力を進めてみてください。

ソフトウェアセットアップ

WordPressのversionを選択します

5.1.1を選択しましょう。もし、表示されたものが5.1.1とは違っても、この欄には、はじめから最新のversionが表示されているので、そのままで構いません。

プロトコルを選択します

ここは、「https://」を選択しましょう。古いサイトは「http://」で作られていることが多いですが、最近は、「https://」が主流です。最もセキュリティ面が良いです。

ドメインの選択

ドメインの設定したドメインを選択しましょう

ディレクトリ

WordPressをインストールするディレクトリを指定します。ここは空欄で構いません。

プロトコルの操作をしていていると、下記の画面が出てくることがあります。

この場合は、まだドメイン設定が完了していないので、設定を進めることができません。

しばらく時間を置きましょう。約20分くらい待てば完了します。

 

サイトの設定

サイト名を入力します

ここには、自分が運営したいサイトの名前を入力します。あとからでも変更は可能なので、あまり悩む必要はありません。自由につけましょう。

サイト説明を入力します

ここには、自分が運営したいサイトの説明文を入力します。サイト名と同じようにあとからでも変更可能です

マルチサイトを有効にする

ここは空欄で良いです。マルチサイトを利用する場合にはチェックを入れます。

管理者アカウント

Admin Usernameを入力する

ここには、ユーザー名を入力します。Wordpressにログインするときに使う名前になりますので、予想しやすい名前は避けましょう。

Admin Passwordを入力する

WordPressにログインするときのパスワードを入力します。こちらも予想しやすい単語は避けましょう。

管理者Eメール

自分が使うメールアドレスを入力しましょう。Wordpressのアップデート情報などの通知が送信されます。

各種設定

言語の選択をする

言語を選択します。ここでは「japanese」を選択していますが、自由に選択していただいて構いません。

Select Plugin(s)

WordPressにインストールするプラグインを選択します。Wordpressの機能を拡張するツールのようなもの、と覚えておけば良いです。

ここでは、

  • Loginizer・・セキュリティ向上
  • Classic Editor・・文字や装飾等コンテンツの作成が容易

この2つを入れます。

wpCentralについては必要ないので入れません。複数のサイトを運営するときには必要になる可能性があります。

なお、選択しなかったプラグインは、後でいつでもプラグインをインストールできます。

また、選択したプラグインが不要になった場合は、後で自由に削除できますのでご安心ください。

インストールの実行

 

テーマの選択は特に選ぶ必要はありません。

Eメール送信先に、メールアドレスを入力したらインストールを押しましょう。

これでインストール作業は完了です。

その後、インストールのトップにこの画面が表示されますので、これでOKです。

ログインの確認

最後に、mixhostにインストールWordpress画面にログインできるのか確認しましょう。

インストールの最後に入力したメールアドレス宛に

  • Admin URL
  • 管理者ユーザー名
  • 管理者パスワード

が記載されているメールが届きます。

Admin URLに記載されているURL先へリンクして、ユーザ名とパスワードを入力してログインができるかどうか確認しましょう。

確認できましたらこれで、mixhostのWordpressインスト―ルは全て完了です。

WordPressインストール方法 まとめ

ここでは、mixhostにWordPressをインストールする方法について解説してきました。

いかがだったでしょうか。この通りに進めれば特に問題なくインストールできます。

mixhostは簡単な設定をするだけであとは全部行ってくれます。

サーバーの契約をまだ行っていない方は、おすすめです。

>>mixhostの公式サイトはこちら